ITアーキテクト求人に強い!おすすめ人気転職エージェントは?

ITアーキテクト転職エージェント

ITアーキテクトの仕事内容とは?

「アーキテクト」という英単語そのものは、建築家とか設計者などを指す言葉です。

業務システムのITアーキテクチャを考え、具体的な解決策、つまりシステムの在り方や作り方を提示する、いわばシステム全体を設計する職種のことをITアーキテクトと言います。

 ITアーキテクチャとは、日本語に訳すと「ITシステムの設計様式」「ITシステムの構造」といったところです。

ITコンサルタントとの違いは?

「システムの開発をまとめる人」というと、「コンサルタント職」と同じでは?と思われる方も多いでしょう。

コンサルタントとITアーキテクトの一番の違いは、ITアーキテクトが技術者としてもプロフェッショナルであり、現場で開発を担当するエンジニアたちへの指導や技術支援も行うという所です。

 

ITアーキテクト求人に強い転職エージェント簡易版

ITアーキテクト求人に強い転職エージェントランキングの一覧です。簡単にご説明しますね。

転職エージェント特徴
ITスタッフィング
(リクルートスタッフィング)

【専門】リクルートが運営するエンジニア派遣に特化・月収40万円以上案件が40%以上

レバテックキャリア【専門】求人の非公開求人が80%
ワークポートテック【専門】転職相談実績25万人
CHANGEUP!【専門】転職とフリーランスどちらも情報収集可能
DODA ITエンジニア【専門】業界トップクラスの求人数

 

詳しいランキングについてはこちらをどうぞ

 

第二新卒や未経験からITアーキテクトになるには?言語は?

第二新卒、未経験からITアーキテクトへの転職へは、かなりの技術を持った人でなければ、難しいと思います。いきなりITアーキテクト採用というのは、ほとんどの企業でなされていません。

最初は一般のエンジニアやプログラマとして採用され、その先のキャリアアップとしてITアーキテクト、というルートが多いでしょう。

また、ITアーキテクトはチームをマネジメントする立場にあるため、他のプログラマやシステム関係の人間とも、コミュニケーション能力が必要です。常に最新情報や技術を会得し、スキル向上にも積極的に取り組む必要があります。

プログラムに馴染んでいない、第二新卒や未経験から目指す場合は、まずプログラマうやSEエンジニアを学ぶことが必要です。

安心してくだい!仕事が忙しい中でも技術習得ができるよう、最近ではオンラインでの学習スクールも盛んです。無料体験を行なっているスクールもあるので、まずは行動を起こしてみましょう。こちらが大手のプログラミングスクールです。

Udemy
プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp
TechAcademy [テックアカデミー]

 

ITアーキテクトの平均年収・給与

ITアーキテクトの平均年収・給与は、約600万円以上と言われています。

 

 

各エンジニアの仕事内容の違い

ITアーキテクトになる前の職種としてエンジニアがあります。エンジニアと言っても様々なエンジニアがあります。
それぞれのエンジニアの違いをよく聞かれるので、簡潔にまとめますね。

アプリケーションエンジニアの仕事内容とは

アプリケーションエンジニアは、ITシステムに含まれるアプリケーションを作ることを業務として行います。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは

ネットワークエンジニアは、サーバとクライアントを結ぶサーバ周りのネットワークを中心に業務をおこないます。サーバの設計、構築や運営・保守。

サーバエンジニアの仕事内容とは

サーバエンジニアは、ネットワークエンジニアの領域の「特にサーバ周りのネットワーク部分」までのサーバ機能の設定やカスタマイズを業務として行います。

インフラエンジニアの仕事内容とは

インフラエンジニアは、物理的なインフラの設置から、クライアント端末のセキュリティ設定、プリンタ設定など、またパソコンのセットアップやバージョンアップなどが、業務となります。

データベースエンジニアの仕事内容とは

データベースエンジニアは、端的に言えばOracle製品を主戦場にするエンジニアのことです。

セキュリティエンジニアの仕事内容とは

セキュリティエンジニアは、各エンジニアが作った大事なデータや個人情報を守るスペシャリストのことです。

 

詳しくは、自分がどの職種に合っているかなど、各転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに気軽に相談してみることをおすすめします。

2017年8月16日 ITアーキテクト求人に強い!おすすめ人気転職エージェントは? はコメントを受け付けていません。 職種別