テクニカルサポート求人に強い!おすすめ人気転職エージェントは?

テクニカルサポート転職エージェント

テクニカルサポートへの転職。仕事内容とは?

主にコンピューターのハードウェアやソフトウェアの操作方法など、技術的な問い合わせを受け付ける仕事が、テクニカルサポートです。

電話やメール、FAXでの問い合わせに対して、解決方法をレクチャー。場合によっては専用のソフトを使った遠隔操作により、ユーザーと同じ画面上でサポートを行なう場合もあります。

テクニカルサポート求人に強い転職エージェント簡易版

テクニカルサポート求人に強い転職エージェントランキングの一覧です。簡単にご説明しますね。

転職エージェント特徴
ITスタッフィング
(リクルートスタッフィング)

【専門】リクルートが運営するエンジニア派遣に特化・月収40万円以上案件が40%以上

レバテックキャリア【専門】求人の非公開求人が80%
ワークポートテック【専門】転職相談実績25万人
CHANGEUP!【専門】転職とフリーランスどちらも情報収集可能
DODA ITエンジニア【専門】業界トップクラスの求人数

 

詳しいランキングについてはこちらをどうぞ

 

第二新卒や未経験からテクニカルサポートになるには?言語は?

第二新卒、未経験からテクニカルサポートへの転職を希望している人も多いと思います。大丈夫です。誰でも最初は初心者・未経験なのです。やる気次第です。

第二新卒や未経験のあなたへ、よくある違いを説明しますね。

テクニカルサポートとヘルプデスクの仕事内容の違い

【ヘルプデスク】
・対象:社内のシステム部門以外の社員やPCやプリンタ、アプリケーションを購入したユーザーが中心
・問い合わせ内容:簡単な操作方法の案内やエラーのトラブルシューティング
・スキル:Q&Aやマニュアルをみて簡単に回答できるレベル。一般的なPCスキルがあればOK
・回答方法:電話、オンサイトが中心。
・ポジション:一次対応
・金額:無償で対応
・勤務場所:一般企業のシステム部門やコールセンター

【テクニカルサポート】
・対象:ヘルプデスク担当や社内SE、Slerやベンダーのエンジニア
・問い合わせ内容:ヘルプデスク担当や社内SEが解決できないアプリケーションのエラーやバク、サーバやネットワーク、DBなど対応範囲が多岐に渡るが、プロダクトごとの専任チームが対応
・スキル:すぐに回答できるものが少ないので、専門知識が必要。
・回答:メール・電話 電話よりもメールがベター。
・ポジション:二次対応、三次対応
・金額:有償で年間の保守契約を結んでいる企業中心
・勤務場所:Sler、ベンダーやPC・サーバなどのハードウェアメーカー

全くの未経験であれば、ヘルプデスクからはじめて、テクニカルサポートへとステップしていくのがよいですね。

 

第二新卒や未経験からテクニカルサポートへ転職を成功させるためには、最低限転職応募前にある程度技術を身につける必要があります。

安心してくだい!仕事が忙しい中でも技術習得ができるよう、最近ではオンラインでの学習スクールも盛んです。無料体験を行なっているスクールもあるので、まずは行動を起こしてみましょう。こちらが大手のプログラミングスクールです。

Udemy
プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp
TechAcademy [テックアカデミー]

 

テクニカルサポートの平均年収・給与

テクニカルサポートの平均年収・給与は、約385万円と言われています。

テクニカルサポート転職エージェント参照:DODA

 

テクニカルサポートとサポートエンジニアの仕事内容の違い

テクニカルサポートに近い職種でサポートエンジニアがあります。

サポートエンジニアの仕事内容とは

サポートエンジニアの業務を説明しますね。

  • 担当製品を熟知する
  • 顧客からの操作方法や故障等、技術的な門内に対応する
  • 電話やメールがほとんどだが、たまに顧客先に訪問してサポート

とこのように、テクニカルサポートに近い仕事ですが、よりプログラムに特化した職種がサポートエンジニアになります。

 

詳しくは、自分がどの職種に合っているかなど、各転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに気軽に相談してみることをおすすめします。

2017年8月17日 テクニカルサポート求人に強い!おすすめ人気転職エージェントは? はコメントを受け付けていません。 職種別